不定期速報
おーぷん2ちゃんねる、SC2ちゃんねるからのコピペとか。特定ジャンルに絞ったりとかはしてませんが、ニュースがやや多めです
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812

広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年で辞めるのは若者だけじゃない 定着しない40代の即戦力人材
【コラム】3年で辞めるのは若者だけじゃない 定着しない40代の即戦力人材 (NBonline“日本の「IT自給率」を考える”)[08/08/21]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1219285013/

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/08/21(木) 11:16:53 ID:???
ソースは
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080807/167426/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080807/167426/?P=2
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080807/167426/?P=3

[1/4]
■40代の転職、5割が勤続年数2年未満
企業の中核を担う40代前半。厚生労働省の雇用動向調査(2006年)によると、
40-44歳の離職者のうち、53.9%が勤続年数2年未満。2004年よりも1.9ポイント
高まった。
45-49歳を見ても、同期間で2.9ポイント上昇した。全体では2.4ポイント減だけに、
40代の勤続年数の短期化が目立つ。この問題の根は、実はIT(情報技術)の抱える
悩みと同じかもしれない。

少し前、知人の経営者から電話をもらった。沈んだ調子で、「今晩、酒に付き合って
ほしい」とポツリ。彼の会社は小規模ながら順調に成長を続けており、その知人自身も
普段は明るい御仁なのだが、その日に限ってはいつもと違う。もしや資金繰りの悪化でも
あったのかと心配になり、居酒屋で話を聞くことにした。その内容とは…。

事業は順調だが、人手が足りない。中途採用でまかなおうと、時間をかけて丁寧に
候補者と話し合った。吟味に吟味を重ねて、1人を選んだ。その彼が入社して3日目の朝。
頼れる人材を得て、胸躍らせつつ出勤した自分の机の上に、彼の退職願が置いてあった--。

ひとまず経営危機は杞憂だったことに胸をなでおろし、「残念だけど、こればかりは
仕方ないし、よくあることと割り切りましょう」と励ましたのだが、話はさらに続く。

この会社、すでに数年の事業経験があり、経営も極めて堅実である。
その割りに、人の出入りが活発だったのは前から気になっていたが、定着する人は定着し、
それなりに満足している様子だったので、私も「労働市場の流動性が高まった結果」
という程度の認識だった。しかし知人曰く、今回のようなケースが、ここ数年で
増加しているというのだ。

何が問題なのだろうか。知人によれば、特に変わったことはしておらず、時間をかけて
徐々に会社の色に馴染み、チームとしての意識や結束力を高めてもらいたい、ということを
終始一貫して伝えただけだという。確かにそれだけを聞くと、組織人としてごく当たり前の
ことを伝えているだけのように思える。当初は私も返答に窮してしまった。

-続きます-




2 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/08/21(木) 11:17:14 ID:???
-続きです-
[2/4]
■不合理な美辞麗句に興ざめ?
しかし知人の言葉を私の中で反芻するうちに、「もしかすると、その姿勢にこそ、原因が
隠されているのではないか」ということに気づいた。採用された側の立場で知人の言葉を
今一度とらえなおしてみると、実はその言葉には合理性が乏しく、ゆえに仕事の
モチベーションや忠誠心をむしろ低下させる要因が含まれているように感じたからだ。
大きく2つのポイントがある。


1つは「会社の色に染まっていく」ということ。一見、当たり前のように思える言葉だが、
新参者としては、なぜそうした暗黙知やローカルルールに染まる必要があるのかが
分からない。その会社が圧倒的なグローバルトップ企業ならさておき、そうでないなら、
会社の色に染まることとその会社がしっかり稼ぐことの間に、一義的には相関性はないはず
である。そこで色がどうこう言われても困る、というのが正直な気持ちかもしれない。

実際、市場環境が急速に変化する中、「会社の色」は競争力には必ずしもなりえない。
むしろ競争力でない要素を守ろうとすればするほど、市場とのギャップが生まれ、競争力は
失われていく危険性すらある。実際、その会社固有の仕事の進め方に固執するあまり、
新たな市場機会を逸失し、市場のルール変更に耐えられずに内部崩壊している会社は、
特に最近の日本企業において、残念ながら枚挙に暇がない。

もう1つの「チームとしての意識や結束力を高める」ということも、場合によっては
疑ってかかる必要がある。もちろん、人間が1人でできることには限界があり、それを
超えるための組織なのだから、チーム意識の向上が組織内の調整にかかる手間やコストを
減らすという効果は否定すべきでない。しかし過剰なチーム意識が市場(顧客や取引先)
との関係性を歪めているとしたら、そのチームの存在理由は希薄だと言わざるを得ない。

-続きます-




3 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/08/21(木) 11:17:58 ID:???
-続きです-
[3/4]
■暗黙知で済ませるな
もちろん、暗黙知や忠誠心を全否定するつもりはない。それらが会社の独自の強さを
生んでいる側面は確実にある。ただ、その企業の中だけで通用する暗黙知や
ローカルルールを過信するあまり、それだけで業務をこなそうとしていないだろうか。

連載の第1回目(http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080723/166068/)
で指摘したように、業務にIT(情報技術)を利用するとは、業務の内容や手順を情報化
することにほかならない。だとすると、暗黙知やローカルルールがデジタル表現との
親和性をよほど備えていない限り、その業務のIT化は相当複雑なもの、限定的なものに
なっているはずだ。実際、日本の企業情報システムは、IT化以前のローカルルールを
過度に作り込んでしまい、結果として紙ベースのワークフローより面倒なものになっている、
という現象は現場のあちこちで見られる。

また、暗黙知やローカルルールを温存しているということは、裏返せば、業務プロセスや
経験が形式化して(形式知として)共有されていないというである。ならば業務ごとの
重要度の評価が相対化されているとは思えず、結果として「その会社にとって何が
重要な業務なのか」という企業の根幹すらも明確になっていないはずだ。こうなると
問題はもはやIT云々ではなく、業務そのものの妥当性という根幹にあることになる。

こうした傾向は、日本の情報セキュリティの分野でもよく指摘されている。要は守るべき
資産が定義されていないために、何でも守ろうと社内外のあちこちにやたらと高い
ファイアウォールが乱立し、業務そのものや情報の流れに支障を来しているという。
またそうして得られた一時的な安心が、かえってモラルハザード(安心による慢心で生じる
新たな障害)や、細かい事故の多発を招いているとも聞く。

また資産の未定義によるファイアウォールの無意味な高さが、社内での柔軟な協調や
外部リソースの活用を困難にし、業務効率を悪化させてもいる。かつてP&Gが世界規模で
業務を全面的に見直し、Gmailなどグーグルのサービスなども含めた世界的な
アウトソーシングの利用を通じて、コスト削減と効率化を両立させたというような話は、
今の日本の企業社会ではとてもリアリティのあるものとは考えにくい。

暗黙知やローカルルールに固執し、その中で会社への忠誠心を要求される。目の前の業務は
IT化されていないか、されていてもワケが分からない。ファイアウォールも高いので外部に
助けを求めることもままならず、しかも頼りとなるはずの内部の人が、最悪の場合は
既得権者として、本来不要となるはずの無意味な業務を死守しているかもしれない…。
こうなると「辞めるな」という方が酷かもしれない。

-続きます-




4 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/08/21(木) 11:18:31 ID:???
-続きです-
[4/4]
■“近そうで遠い”隣の部署
変わるためにやるべきことはシンプルだ。要は、役割定義を明確して、暗黙知の形式知化と
その共有を進め、外部リソースも活用して無駄なことはやめましょう、ということの徹底と
なる。その際にITを最大限に活用すればいいし、反対にITの潜在能力を引き出すには、
「これまでに絡みついた様々な内部の事情や都合」をバッサリと斬り捨てる必要があろう。

現実には難しい、と言うなかれ。すでにこうした意識を持つ企業は登場している。
実際、大企業を中心に、諸々の調整や稟議等の手間を考えると、隣の部署と組むよりも、
明確な役割分担と契約の下で社外のパートナーと組んだ方が、よほど仕事がラクで早い、
という声は少なくない。なにしろそうした気配こそが私を独立に至らせた背景であり、
パソコンとネットを武器にそれを生業にできている以上、最近はもはや確信に近い。

それでも、内部リソースによる企業のローカルルール中心で仕事を進めたいというので
あれば、方法はただ1つ。その会社が属する産業全体を世界規模で支配するパワーを
持つことである。無茶な話に思えるかもしれないが、例えば数年前に欧米を中心に
展開された大規模M&A(合併・買収)は、自分たちでコントロールできる商圏を
世界規模で作り上げるための動きそのものである。
また今日、世界市場で広く認知されている日本企業は、多くがそうしたパワーを
備えているはずだ。

そこまでやりきる腕前と自信と覚悟があるならば、我が道を進むのも一興だろう。
しかしそうでないなら、もっと社員が外部の人間との接点を前提に業務遂行できる
ガバナンスの構築や、あるいはIT統制の再検討を試みてはどうだろうか。酔った勢いで
そんな生意気を冒頭の知人の経営者に言ってみた。すると、またしても頭を抱えて
しまった。そんな姿から、多くの日本企業の苦悩が垣間見えたように思えた。

-以上です-
依頼を受けてたてました。




5 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 11:19:46 ID:/Nl482v7
何歳で転職しても現実はこうなんだな



15 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 11:35:25 ID:tkUrEkou
優秀な会社には人が集まる。すぐにやめるような人材しか集まらない会社
は、優秀でないから。単純な話だ。




18 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 11:43:28 ID:fg1I3il8
会社側が傲慢だからだろ。
忠誠心?馬鹿にすんな。




19 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 11:45:33 ID:EGOefLw3
会社の色に染まったら自分の労働市場での価値が
無くなっちゃうじゃないかよ
定年まで雇用を保証しないんだろ




23 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 11:54:44 ID:dCp0I49U
日本人はローカルルールだいすきだからなー

もっとも外国がどうなのかは知らんが




27 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 12:09:46 ID:4FTICTf8
>>23
ローカルルールはもちろんあるが全て書面になってる
書面にするのを億劫がるのは日本人の最大の悪癖




24 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 12:02:48 ID:/GNjMV9E
変化が激しい時代ですから。 変化に対応しないと生き残れない時代らしいですから。



25 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 12:03:58 ID:JlI71wwP
終身雇用じゃないんだからとか言いたい放題だよなw



37 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 12:41:44 ID:ysuuDdka
40代で雇われる人間は、そもそもスキルの高い人間。
だからもっと条件が良くて能力が活かせる場所があると分かればすぐに辞める。
それだけ。
もう少し能力の劣る40代を採用すれば解決




39 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 12:47:04 ID:MGXjXRoC
使える奴はより上に、使えない奴も転職先がある程度のレベルなら
どんどん環境変える
現状の仕事に不満もってない人なんて稀だからな




46 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 13:05:43 ID:YZazDXEg
転職するときに複数の候補があったような人なら、
さっさとやめて残りに行ったほうがいいわな。

所詮、生きる金を稼ぐための手段なんだから。




52 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 13:21:23 ID:JlI71wwP
何聞いていいかも分からない新人にいっぱい仕事押し付けて
分からないんだったら聞いてくださいって
散々言って苛めてる奴も居るなw




54 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 13:29:21 ID:e3CYxU1t
漏れの経験だが、社長の問題よりも
子飼いの犬が無茶してたり嘘つきまくっていた会社つーのもあった。
社長が気づいてない(完全に丸め込まれている)のが
判ったときには恐ろしくなった。




66 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 14:02:06 ID:0Knm2oCn
でもいるよな、何も出来ない中年
俺の会社にもいたよ 俺が先に止めたけどw




70 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 14:17:18 ID:/xCTdppM
1年ちょいとかは短すぎると思うが・・・
3年有れば、仕事の区切りがつくんだからいいと思うけどねぇ。
転職か残留か考える時期だろう。




75 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 14:56:01 ID:PvJZw16c
40代で15年、20年いられる職場を探して
最後の勝負に出る男達




81 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 16:26:44 ID:6tqjHIjY
>その割りに、人の出入りが活発だったのは前から気になっていたが、定着する人は定着し、
>それなりに満足している様子だったので、


人の出入りが活発なのは労働条件が悪いんだよ。
安月給でやってける独身は我慢できるけどな。
漫画の黒沢みたいなやつだけ残ってく。




83 :名刺は切らしておりまして:2008/08/21(木) 20:04:34 ID:nWu5Fevm
トップの考え方と自分が合わないとふんだんでは?
記事の人は、きっと、管理職を期待されて入ったんだろ。

社長のワンマン体制から、組織を大きくしたいと言う感じの会社で、
こういう話は聞いたことがある。部長で入って三日でやめたらしい。

ひどい例だが、食品偽装とか、ああいうのも「会社の色」なら
やんなきゃだもんな。この記事の会社は、そうじゃないと思うけどね。



3年で辞めた若者はどこへ行ったのか

テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

広告

コメント
コメント
コメ番47
中年涙目wwwwwwwwwww
ゆとり叩ける身分かよwwwwwwwwww
2008/08/24(日) 13:59:20 | URL | 不定期に名無しさん #- [ 編集 ]

広告


コメント投稿は、本文以外は空白でもおk
スパム広告を防ぐために「http」をNGワードにしてるので、URLを貼りたい場合は「h」を抜いて下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。