不定期速報
おーぷん2ちゃんねる、SC2ちゃんねるからのコピペとか。特定ジャンルに絞ったりとかはしてませんが、ニュースがやや多めです
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809

広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最低賃金15~7円上げ、生活保護以上求める…厚労相諮問機関
【社会】最低賃金15~7円上げ、生活保護以上求める…厚労相諮問機関
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217908002/

1 :道民雑誌('A`) φ ★:2008/08/05(火) 12:46:42 ID:???0
最賃15~7円上げ、生活保護以上求める…厚労相諮問機関

地域別の最低賃金(時給)を労使代表が議論する厚生労働相の諮問機関・中央最低賃金審議会の
小委員会は5日、今年度の引き上げ額の目安を15~7円とすることを決めた。

生活保護の水準まで最低賃金を引き上げることを目指した改正最低賃金法が7月に施行されたことを受け、
生活保護の水準を下回る12都道府県については、目安を上回る引き上げを求めた。

6日の同審議会で正式決定した後、各都道府県の審議会での議論を経て、
10月中に新基準が適用される予定だ。

厚労省によると、生活保護との格差是正分も含め、平均で15円程度の引き上げとなり、
全国平均の最低賃金が初めて700円台となる見通し。
引き上げ額は9年ぶりの2けたアップとなった昨年度の平均14円を上回り、1993年度以来の高水準となる。

原油高騰などが景気に悪影響を与える中、経営側が引き上げに難色を示していたが、
非正社員の増加などで広がる格差問題への対応が必要という認識で労使がおおむね一致した。

引き上げ額の目安は例年通り、全都道府県を4ブロックに分けて示された。
さらに今年度は、生活保護水準を下回る12都道府県について、生活保護と最低賃金の
「乖離(かいり)額」が初めて提示された。乖離分は原則2年以内、最長5年程度で解消することを求めた。
何年で解消するかは各都道府県の審議会に委ねることになった。

今年度の議論を巡っては、同法施行のほか、6月20日に開かれた政府の成長力底上げ戦略推進円卓会議で、
5年かけて「小規模事業所の高卒初任給の最も低位の水準」まで引き上げることで政労使が合意し、
大幅引き上げが期待されていた。しかし、労働側が「時給50円の引き上げ」を求めたのに対し、
経営側は「原油高などで、特に中小企業の経営が厳しい」と反発していた。

(2008年8月5日12時35分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080805-OYT1T00367.htm
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

家に片方だけ導入するとしたら「テレビ」と「ネット」どっちが良い?回答はテレビ31%、ネット53%に
【社会・調査】家に片方だけ導入するとしたら「テレビ」と「ネット」どっちが良い?回答はテレビ31%、ネット53%に
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217844904/

1 :ぽこたん( ・∀・ )φ ★:2008/08/04(月) 19:15:04 ID:???0
家に片方だけ導入するとしたらテレビとネット、どっち?

■「テレビ」31%、「ネット」53%
インターネットコムとJR東海エクスプレスリサーチは「テレビとインターネットに関する調査」を行い、
テレビとインターネットに対するユーザーの意識を探った。調査期間は7月16~17日、対象はネットユーザー330人。
「家に片方だけ導入するとしたら、テレビとインターネットのどちらを選びますか?」との質問では、
「インターネット」を選んだ回答者は52.7%(174人)、「テレビ」は30.6%(101人)。
インターネットユーザーは、テレビよりもネットを重要視する傾向が強いようだ。

また、テレビとインターネットを比較して「どちらが有益な情報を入手できますか?」という質問を行ったところ、
「インターネット」が66.4%(219人)と6割を超え、「テレビ」を選んだ回答者は10.0%(33人)にとどまった。
インターネットでは、検索エンジンなどを利用してさまざまな人々が発信する情報を収集できるが、テレビの場合は、
テレビ局が放送したいと考える情報しかわれわれの元には届かない。一方的に発信される情報だけでは、インターネットユーザーは
満足できないようだ。

「どちらの方が楽しいですか?」という質問では、「テレビ」は21.2%(70人)、「インターネット」は
44.2%(146人)と、娯楽性でもインターネットに軍配が上がった。
2006年7月、約2年前の同様の調査では、「有益な情報」ではインターネットが強く、「楽しい」ではテレビが支持されていた。
しかし、今回の調査では、有用性だけでなく娯楽性でもインターネットが支持される結果となった。
地デジへの移行など、さまざまな課題を抱えるテレビだが、インターネットユーザーのテレビ軽視傾向は、娯楽分野に
関しても強まっている。
                   ◇
■インターネットコム 国内外のIT記事やリサーチ記事、専門家によるコラムを配信するニュースサイト。IT関連ブログも連載中。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080804-00000904-san-soci&kz=soci
広告

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。